アコムキャッシングできる場所|近所の駅周辺でむじんくを探せ!

アコムのネットキャッシング

>>《スマホ》から24時間OK!今すぐ借りたいならアコムで申込み

キャッシングでお金を借りる時に、多くの方が利用しているのがATMです。銀行やコンビニ、アコムのように街中に設置されているキャッシング会社専用のものなど、様々な種類が存在しています。 しかしながら、一番の難点は「外に出ないとお金が借りられない」ということでした。

外に出るのは面倒だけど、振り込みをしないといけない。でもお金が手元にないし、給料日は相当先になっている。というようなピンチの状況になった時に便利に使えるのがネットでの振り込み依頼です。 アコムのように今はほとんどのキャッシング会社がホームページを持っていますし、インターネットのマイページ開設をすることで、自由な時間で振り込みの依頼ができるようになっています。

このネット振り込みの良いところは、すぐにお金が口座に入ってくることです。基本的には依頼が完了してから数分以内には口座にお金が入っています。

ですから、外に出てコンビニまで行く必要がなく、スグにお金を利用することができます。もし家賃などの支払いで困った場合などであれば、ネットで依頼をしてから、自分のネットバンキングからそのまま振り込みをすることができたりします。 こうした外に出なくてもお金を借りられるというキャッシングの使い方は、使ってみると相当便利です。


リスト むじんくんに行かなくても大丈夫!
 ↓ ↓ ↓ ↓ 
アコム急ぎ借り入れ
アコム公式ページ

無利息期間サービスのあるカードローン

カードローンのサービスの中で無利息期間というものがあります。無利息期間とはある一定の条件の下でカードローンを利用した時に無利息の期間があるということです。カードローンを提供するすべての会社で無利息期間サービスがあるわけではありませんが、そこそこの割合でこのサービスを提供しています。

無利息期間の条件はたいていは初回の借り入れである一定の日数という場合が多いですが、何回目の借入でも何日かの無利息期間サービスを提供している会社もあります。 無利息期間サービスでは、無利息期間の間に借り入れを完済してしまえば、利息を一円も払う必要はありませんし、完済ができなくとも無利息期間中に一度でも返済することができれば総返済額を減らすことができます。

通常の返済では返済した金額はまず利息の返済に充当されてから、残りの金額が元本に充当されますから元本がなかなか減らないようなシステムになっていますが、無利息期間中の返済では利息は発生していませんから、返済した金額はすべて元本の充当になるので、元本が大きく減ることになります。 利用する条件はありますが、無利息期間サービスの条件に合致するならば是非とも利用すべきです。

アルバイトでも借りれる消費者金融キャッシング

キャッシングというのはちゃんとした職業についていれば問題ないのですが、いざ収入が不安定な派遣社員やアルバイトだと審査に不安があるのは仕方がありません。銀行系のローンだと益々難しくなるのですが、大手の消費者金融系のキャッシングならばそこまで難しく考える必要もないかもしれません。

アルバイトであっても定期的な収入があると見なされれば審査にとってはそこまでデメリットにはなりませんが、日雇いバイトなどになるとかなり苦しくなるかもしれません。逆にシフト制などで月収が安定しているのならば審査に申し込んでみるのもいいでしょう。だたしこれから紹介する消費者金融系のキャッシングというのは、総量規制という借り過ぎを抑制する法律から年収の1/3以上は借り入れが出来ないので注意してください。

大手の消費者金融でまず紹介したいのは無利息期間があるものであり、こちらはアコムやプロミスやレイクなどが挙げられます。アコムやプロミスは初回のみ30日まで無利息期間がありますが、レイクに関しては5万円まで180日の無利息期間を選べるコースがあるので、借り入れの金額と相談して申し込んでみるのも良いと思います。

この辺の消費者金融は専業主婦は不可ではありますが、パートやアルバイトをしている主婦向けにも借り入れを受け入れるところが多く、借り入れの限度額は少ないものの審査スピードには相当な速さがあるというのが特徴です。最短で即日審査即日融資も可能になっている他にも、パソコンやスマホでのWEB申し込みにも対応しているのでとにかく便利になっています。

キャッシングの利息について

急な出費にも、即日優融資が可能なキャッシング。便利なサービスですが、安心してお金を借りるためには、利息も含めていくらなら返済できるのか、ということを事前に計画しておく事が大切です。お金を借りるという事は、必ず利息が発生します。

特にキャッシングの場合においては、即日融資が可能反面、その利息は通常の融資に比べて高く設定されている事がほとんどです。キャッシングは手軽さゆえについつい借りすぎてしまう事が多いです。その為、借りたお金に対してどれくらいの利息が発生するのかを把握しておくだけでも、借り過ぎてしまう事を防止できる事になります。

では、キャッシングの利息はいったいどの様に計算すればよいのでしょうか。そもそも利息の計算については、借入残高×実質年率÷365日×借入日数といった具合に計算する事ができます。この計算では、1日あたりの利息を算出する事ができます。具体的に計算してみますと、実質年率15%で1万円を1ヶ月(30日)借りるとするならば、先ほどの計算式に当てはめると、1日あたりの利息は123円となります。又、各金融機関では、シミュレーターで利息や返済期間を計算する事が出来ますので、事前に利用してみる事をおすすめします。

一見、利息と聞くと難しいイメージがある方も見えると思いますが、この様に簡単に知る事が出来ます。又、多くのキャッシングでは日割り計算となっている為、早めに返済する事ができれば、それだけ利息に対する負担は減らす事が出来ます。ですので、きちんと計画を立てる事でキャッシングの良さを最大限に引き出す事が可能になるという事です。

キャッシング審査に不安を感じる必要はありません

初めてキャッシングを利用したいと思った時にいろいろと不安に思うことがあるのではないでしょうか。 自分は審査に通るのだろうか、申し込むは簡単にできるのだろうか…と。 しかし!普通に会社にお勤めで毎月一定のお給料がある方なら不安に思うことはありません。

キャッシングの審査に落ちてしまう方は一定の収入がない専業主婦や他キャッシング会社を多数利用している方などなので 会社にお勤めで毎月一定のお給料を貰っている方で、しかも初めてキャッシングを利用しようという方ならほぼキャッシングの審査は通ると思っていいのです。 どうですか? キャッシングの審査に不安を感じていた方もこの条件はクリアできている!という方が多いのではないでしょうか。

キャッシングの審査に不安を感じる必要はないのです。 申込みも今ではインターネットを利用すれば自宅で外出先で簡単に申し込むことができるようになりました。 不安を感じてキャッシングの利用を躊躇していた方、その不安は感じる必要はないのかもしれませんよ!

限度額の増額について

キャッシングには限度額というものが設定されています。つまりは、お金を借りられる額のことですが、これは人によって変わってきますし、キャッシング会社によっても設定が異なります。 基本的にこの限度額は年収と関係していますので、お金を稼いでいる人ほど高い金額が設定されますし、それほど年収が高くない人には、それなりの金額になります。

通常の場合では年収200万円程度の人で10万円から20万円程度の枠になります。貸金業法の総量規制と、この融資の限度額は別のものと考えて良いでしょう。 総量規制は年収に対して1/3を超えてお金を借りることができないというルールですが、限度額は会社がこの人にはこれくらいなら貸しても良いという設定額のことを言います。 ですから、融資額が少ないと感じる人は、複数のキャッシング会社を利用してお金を借りるわけです。その結果年収の1/3を超えると、もう借りることができなくなります。

では、この限度額は一度設定されるとずっと変わらないのかというと、途中で申請をすれば再審査によって増額をすることが可能になります。審査に通ってすぐには増額の申し込みはできませんが、数か月以上たつと、申請をして更なる金額を借りても大丈夫かという判断がキャッシング会社の方で行われます。

一度審査に通って、融資がスタートしているならば、気持ち的にラクですので気長に申し込みをする方が良いでしょう。会社によって初回融資から増額までの期間は違いますので、数か月ごとに打診をするとちょうど良いです。

このページの先頭へ